実践可能!集客方法で重要なことは根元をおさえること

ビジネス部

店舗開店のため集客したい

新しい商品を広めたい

モリマツ
モリマツ

10年以上営業をしていると集客の悩みはつきものです

イベント自体の開催や、イベントへ参加しブース出店に伴いお客様を集客を行うケースなどがあります。

そのため「集客方法」というテーマで、過去に解決した方法をご紹介します。

この内容は中小企業や店舗経営されている方に役立つ集客の問題をなぞなぞ形式で出題します。

スポンサードサーチ

就活イベントへ参加

こちらの自己紹介ページでも少しだけ触れていますが、実は過去に就活イベントで表彰を頂いたことがあります。

県内の大型イベント施設に学生が約1,000人くらい集まり、学生が企業や団体のブースを訪問し、最後に一番魅力ある企業を学生1人1人投票し選ぶという形式です。

ちなみに私自身はこういったイベントでの集客は経験が無かったです。

いつもは企業への訪問(既存お客様への訪問や新規開拓がメイン)の仕事をしています。

そのため就活イベントとは無縁な存在です。(ただイベントごとは大好きです)

集客の悩み

就活イベントに参加しましたが自社企業をPRするためには、まずはブースに学生が来てもらわないと話になりません。

しかしこれが意外と難しい。

元々大手のグループ企業に所属しているため、ある程度の認知度は学生からあるかな?と思ったが、ただの勘違いだとイベントが始まり一瞬で悟りました。

恐ろしい程、学生がブースにこない。

この就活イベントに参加するメインの対象学生は「高校生や大学1年生〜2年生」となります。

来年就職する人がメインというより、学生に企業をまずは知ってもらうという意味合いが強いイベントでした。

どうやってまずは1,000人近くの学生にブースに来てもらうか?

集客におけるナゾナゾが始まりました。

スポンサードサーチ

BtoB企業の採用活動は大変?

少しだけ集客のテーマからそれますが、地方のBtoB企業は本当に採用活動は大変です。

有名企業の場合は、そもそも学生に対する認知度が既に高く、集客は通常の企業よりも難易度は下がります。

加えて学生が生活の中で利用する企業なら尚更。例えばバイト代が振り込まれる銀行だったり、コンシュマー向けのスーパーだったり。

逆に学生と普段から接点の無いBtoB企業はかなり不利な戦いになります。

ただしBtoB企業でも広告に力を入れている企業や、独自の採用方法を行なっている会社は学生からの認知度は高い場合があります。

ただ地方のBtoB企業は、そこまで学生の認知度を高めるための活動が行えきれていないのが現状です。

この集客のナゾナゾを解くことができれば、地方のBtoB企業の採用活動の悩みも一緒に解決できるな!と考え解いてみました。

ナゾナゾの基本ルール

ナゾナゾを解くには発想や行動は自由ですが、再現性が少ないと意味が無いと思っています。

例えばお金をつぎ込み大々的にPRを行う。これも王道の一つですが中小企業を考えた時に、これを行ってしまうと「いやいやお金が無いから無理だよ」という話が聞こえてきます。

加えてモノ攻撃?と勝手に名付けますが、試食サンプルや化粧品サンプルなど、その企業独自が持っている「食べれるモノ」「役立つモノ」などを活用して集客する方法があります。

しかしこの手法を行ってしまうと「いやいや、うちの会社にはそんな学生が喜ぶモノは扱っていないよ」という声が聞こえてきそうです。

そのため「お金を使わない」「モノ攻撃をしない」方法でこのナゾナゾを解いてみました。

*注意点:決してお金をかけてPRすることや、モノ攻撃を行うことを否定はしていません。むしろ会社独自が持つユニークな方法は有効な戦術の一つだと思っています。

ということでナゾナゾです。

仕事 IQ 80
問題:就活イベントで全く無名企業のブースに多くの学生に来てもらう方法は?

ルール
① お金を使わない
② モノ攻撃はNG(試食や試供品を配らない)

どんな方法があるでしょうか?

答えは色々あると思います。

ビジネスに置いて正解は無いと考えています。ただ自分で考えて行動した先に自分だけの正解があると思っています。

ということで、この縛りの中でまず取り組んでみたことはチラシ作戦を実施してみました。(果たして正解になるのか?)

これは王道中の王道だと思います。ブースの近くに来た学生に対して企業PR用のチラシをとにかく配ってみました。

イベントは半日ありました。企業側が学生にPRする時間は計6回近くありましたので、その内1回でも来てもらえればクリアな状況です。

しかしチラシ作戦はメリットとデメリットがありました。

スポンサードサーチ

チラシ作戦のメリット

結果的にチラシ作戦は的中し、最終的にチラシを見た学生がブースに来てくれました。

そして不思議なことに、人が集まる所には人が更に集まってくるという二次的効果もありました。

どうやらチラシ作戦は正解の1つでした。

しかしこの方法にはデメリットが存在します。

チラシ作戦のデメリット

表向きは上手くいったように見えますが、裏側では問題が起きていました。

今回のような限られたスペースでの集客でチラシ作戦は有効ですが、チラシを配っていると2つの問題が起こりました。

1つ目はチラシ配りしていると、こんな状況が起きました。

「あ、もう貰いましたよ」
「さっき同じチラシを違う方から貰いました」

多くの学生にチラシを配ると、チラシ二重受け取り問題が勃発してきました。

どの学生に既にチラシを配っているのか分からない状況です。こうなってくるとチラシを配ることが逆効果となり

「もう貰っているのに何度もしつこい」

なーんて話になりそうで、チラシを配る側も遠慮がちになってきます。

学生も様々なチラシやパンフレットを受け取っているため、外見からでは自社のチラシを配った学生かどうか?を見分けることは困難な状況です。

そして2つ目は人的と時間的リソース問題。

チラシをイベント終わりに配るより、できるだけ前半戦に勝負をかけないといけない。

加えてチラシ配りをするにしても、ブースに対応する人を置かないと、せっかく集客したのにブースに誰もいない!という状況が起きてしまう。

そのためイベントは限られた時間の中で、いかに多くの人にチラシを少ない人員で短時間で配るかが重要。

そして手元には大量のチラシが残っており、思った以上に配布が完了していませんでした。

うーん、困った。

ここからが本当の集客におけるナゾナゾです。

チラシ作戦が集客に成功したのは一つの要因にはなりますが、実はこのチラシ作戦のデメリットをイベント当日に解決したのが成功要因となります。

結果的にこの就活イベントでは多くの学生がブースに来られれ、そして多くの投票を頂きイベントで優勝することができました。

スポンサードサーチ

集客におけるナゾナゾ

最終的に考えたナゾナゾの問題とルールはこちらです。

仕事 IQ 100
問題:就活イベントのチラシ配布を行なう上で「短時間」且つ「少人数」で効果を最大にする方法はなーんだ?
ルール
① お金を使わない
② モノ攻撃はNG(試食や試供品を配らない)

ちなみにこのナゾナゾを思いつき直ぐ実践した結果、多くの学生集客につながりました。

チラシ二重受け取り問題もこの方法を行えば解決します。

ヒント)これは就活イベント以外でも活用できる方法です。店舗型経営をされている無名な飲食店などでも応用ができます。

ナゾナゾの答え

色々と答えはあるかと思いますが、当時考えた方法がこちらです。

就活イベントの入り口でチラシを全員に配る

そんなに難しいことをしたわけではなく実は単純な話です。

これを実施すれば入り口から入る学生は全て「まだチラシを受け取っていない」学生になりますので、チラシ二重受け取り問題も解決します。

更に入り口に多くの学生が一度集まりますので、イベント会場を回り学生を見つける「移動時間」を全て「チラシ配布時間」に当てることができます。

この方法により「短時間」且つ「少人数」でチラシの効果を最大化することができます。

え、そんなこと?と思う方も中にはいるかもしれませんが、取り組む企業は少ないです。

実際企業の参加者は100〜200団体くらい参加していたと記憶していますが、同じ手法をとっている会社は数社程度でした。

実際こーいったイベントだとブース付近で集客を行なう企業が多い印象です。(実際私も同じ手法をとっていました)。

またイベントの奥に進む方がチラシや勧誘が激しい状況ですが、入り口の方が落ち着いて学生も話を聞いてくれます。

集客方法の秘訣について

今回のナゾナゾを改めて考えると

集客方法の秘訣は「根元」を抑えろ!だと考えます。

例えば新しい飲食店をオープンした場合は、お店の前で集客を行いがちですが、本当は近くの駅など人が一番流れている根元を抑えに行き、駅前で電車から降りてくる人や駅に向かう人にチラシを配る方が効果的です。

ある一定時間であればチラシ二重受け取り問題も解決します。

今回は実施しませんでしたが、他にも企業が5社くらいタッグを組んで、1枚のチラシに5社の会社案内を明記し、5人で配ればより短時間で多くの人に集客活動を行なう方法もあるかもしれませんね。

是非活用してみてください。

と終わろうかと思いましたが、実は集客において単純なチラシ配布だけを行っていたわけでなく、更に細工をしていました。

せっかくなのでどのような細工を行ったか?のポイントも作りましたので最後におまけとして紹介します。(別記事にて作成します)

モリマツ
モリマツ

noteで新しい地方の働き方やビジネスに役立つ内容をマガジンとして毎週書いてますので気になる方はフォローよろしくね♪

MORI LAB 地方の新しい生き方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール
モリマツ

子ども•地域を愛する地方の会社員。ポケふた、盛岡観光、そしてビジネス?を発信する地方向け観光サイトです。旅行中の隙間時間に読み物としてコンテンツを用意しています。旅先のホテルでも楽しめるようにnoteでマガジンを配信しています。こちら

この記事が気にったらフォローしよう
ビジネス部
この記事が気にったらフォローしよう
モリオカマツリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました